べにうららの信オン生活

信長の野望オンラインのプレイ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

更新が・・・

また滞ってきてますが、めんどくさいわけじゃなくてネタが無いのだと言い訳してみます


さて、昨日は知人の陸2禍&まりゅーの手伝いに言ってきました
私設メンバーからクリア済みの手伝いが自分含めて3人。構成は刀・武士・武芸2・術忍・医術・雅楽で、結果としてはどっちも一発でクリア
魔龍では、開幕速攻で龍の顎が旗薬師に直撃してましたが子守でヘイト取りまくりでカバーです。1の龍の顎とか2の叩き割りとかがこっちに来ましたけどねー^^
大丈夫です。耐えました
まぁそんなこんなで、手伝った知人鍛冶も空1に行けるようになった模様
おめでとー!
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長期課金者向けサービス

というわけで、昨日のメンテから始まったこのサービス
ポイントがキャラ毎ではなくアカウント毎だったり、ポイントの交換数の設定が微妙に高かったりで、さすが延命最優先バランス取り下手なコーエーさんです^-^な仕様です
4年ずっと課金してきた人も、1年前から課金してきた人もキャンペーンで貰えるポイントが同じってのはどうかと思いますが、ようやく初期振り変更が来た事に変わりはありません

思い返せば2003年の夏に始めたこのゲーム。侍の重要能力として腕力と耐久力に☆マークがつけられていました。これこそが、後に多くの侍を苦しめたコーエーの罠
自分も見事にひっかかり、紅麗の初期振りは腕力耐久10振りです。ファースト侍、魅力0振り、1アカウントのみはまさに致命的でした。知人の助けが無ければ、途中で挫折して辞めていたかもしれません
そういう事を考えると、かけがえのない知人に出会わせてくれたコーエーに感謝するべきなのでしょうか?・・・・・・はっ!いつの間にか錯覚させてしまう、これこそがコーエーの罠
初期振りや飛龍&破天での臨時メンテ祭り、実装先延ばし祭りに苦しめられた長期ユーザーは簡単には騙されませんよ!

と、意気込んでみたのですが、意外にもあっさり実装。夜に臨時アップデートが来ましたが、鯖落として更新が入る程じゃありませんでした


何はともあれ、キャンペーンで一気に貰えた180ポイントのうち175ポイントを使用して、侍の初期振りを5ポイント直しました。武士道振りにして、武芸から武士道に特化変更しようと思います。これで武芸→武士道→武芸→武士道になりますね・・・

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

閉幕

しました

浦和は怪我で何人もの選手を欠きながらも、ワシントンの大活躍により3位となり、アジア勢の最高記録を更新

決勝ではACミランがその攻撃力を発揮して4-2でボカ・ジュニアーズを破って堂々の1位。ACミランは4度目の世界一となりました


さて、サッカーネタばっかりでしたがそろそろ平常運行に戻りましょう
クラブワールドカップ最終日と同じ16日、信長でも大きな出来事がありました
拡張パック第3弾となる「争覇の章」の発表会ですね
まぁ会場に自分で行ったわけじゃないし、行った人が報告はあちこちでしてるので内容説明は省きます

気になったとことしてはまず大決戦かな。100人単位で戦場を形成して、満杯になったらまた新しい戦場が形成されるそうですが、これ小国vs大国でやった時どうなるのか・・・・・・
戦況によってNが自動で動くとかあるから、あるいは一方のPC0なんて事も有り得るのかなぁ。だとしたら、外交仕様の変更と合わせて小国は一気に滅亡に向かう可能性もありますね


雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

浦和レッズvsACミラン

1993年に開幕したJリーグ。当時の自分はまだ5歳でした。小学生になったばかりの頃にはヴェルディ&カズのファンで、ユニフォームなんかも親に買ってもらったものです
今やJリーグに所属するチームは31チーム(来年には33チームの予定)となり、J1J2の二部に分かれるようになりました。一方で、経営面の問題などもまだまだ山積みです

ですがようやく、浦和レッズがクラブチームのアジア王者の座を獲得し、サッカーの先進地域である欧州王者と戦う所まできました。親善試合などではなく、FIFAの公式大会での真剣勝負です


多くは語りません
あえて言うなら、世界の壁は高いけれど絶対に届かない程ではない、とそう言っておきたいです
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

初勝利

タイトル通り、初勝利です
昨日の夜7時半にキックオフした浦和vsセパハン戦
ACL優勝後のJリーグ戦では、疲労からか4戦して1分3敗0得点と不振な上に、ポンテが怪我でブラジルに帰国という事もあって心配でした
ですが見事!
クラブワールドカップという大舞台において、Jリーグチームとして初出場、そして初勝利の快挙です!


では、ワイタケレvsセパハン戦同様に、にわか解説者が大雑把な流れの説明でもしてみましょう
まずは前半。キックオフ直後から浦和が中盤で積極的にプレッシャーをかけてセパハンの攻撃を潰していき、試合を優位に運びます。相手のゴールを果敢に狙いますが、なかなかチャンスをモノに出来ません
浦和優勢の中で、前半26,7分で突然のピンチが到来
背番号20エマド・リダがゴールラインぎりぎりまで切り込み、ゴール前にパスを送ります
浦和DFが競ったおかげでセパハン選手がボールに触れる事はありませんでしたが、危うく先制点を取られる所でした
その後も基本的には浦和が優勢なのですが、セパハンも隙を見ては反撃してきます
再び危うい場面がありましたが、そこはネネが上手くオフサイドトラップを仕掛けて潰します
そして前半32分!ついに浦和が先制点を取ります
相馬がサイドから低いパスを出し、それを永井がゴールに!ワシントンも長身のDFを自分に引き付けて上手くサポートをしました
そうして、1-0で浦和リードのまま前半は終了


後半。浦和を追う形になったセパハンは選手を2人交代してきます。背番号21バヤトと背番号13カリミです
このカリミという選手は要注意。初戦のワイタケレ戦でも、右太ももを痛める司令塔ナビドキアに代わって活躍しました
後半は開始早々、両チームとも素早い展開で互いのゴールを狙います
後半2分頃、カリミがサイドでボールをキープして、セパハンが何とか同点に追いつこうと動きます。一度はクリアしたものの、クリアが小さかった為にセパハンのシュートが放たれます。これがクロスバーに弾かれて、何とか事無きを得ます
後半9分、前半ではチャンスを活かしきれなかったワシントンが魅せます
DFとGKを振り切り、きつい角度からゴールを決めます
これによって2-0で浦和リード!
さらに決定的となったのは、後半25分。またもセパハンが相馬を止めきれずセンタリングが上がり、永井がヘッド。それをクリアしようとしたセパハンのDFアギリーですが、そのボールは無常にもセパハンゴールへ
オウンゴールにより試合は3-0。アギリーの呆然としたような表情がテレビに映し出されました
オウンゴールの後、永井と交代で小野が入ります。今のところ日本代表としてワールドカップに3連続出場し、欧州リーグでもプレイした事のある経験豊富な選手。試合を落ち着かせろというオジェック監督の指示の元送り出されたようです
その交代の5分ほど後、セパハンは最後となる3人目の選手交代。ロビニアンを入れてきます
交代の直後となる後半35分。浦和DFのクリアミスを拾ったカリミがあっさりとそれを浦和ゴールに決めます
そしてとうとう、3-1のスコアで3分のロスタイムに突入します
ここでオジェック監督は長谷部と交代で岡野を投入。一時J2降格までした浦和を実際に経験してきたベテランの登場に、会場の浦和サポーターが沸きます
ロスタイムも残り1分というところで、セパハンがFKのチャンス。ヘッドでゴールを狙いますが、クロスバーに阻まれます。オフサイドフラッグも上がってました

そうして、3-1で試合は終了
浦和がセパハンを破り、次は強豪ひしめく欧州を制したACミランと対戦する事になります
このACミランには、2006年度ワールドカップ優勝国であるイタリアの代表選手が6人所属。また、ブラジル代表にして2007年度バロンドール賞(世界最優秀選手賞)を受賞したカカも所属しています
かなりきつい相手ですが、浦和にはこの調子で頑張ってもらいたいです


雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ついに・・・

やって来ました、この時が
何がやって来たかって、FIFAクラブワールドカップですよ
強豪ひしめく欧州と南米、そして北中米カリブ海、アジア、アフリカ、オセアニアの各チャンピオンズリーグを制したチーム+今大会からの開催国枠の計7チームが集う大会です

初戦は、オセアニア代表のワイタケレ・ユナイテッドvsACL準優勝で開催国枠に回ったセパハン
ちなみに自分が応援してたのはワイタケレの方です。このワイタケレに限らず、現在のオセアニアのクラブチームはアマチュア、セミプロの選手が大半を占めています。
何故かというと、オーストラリアがオセアニアサッカー連盟からアジアサッカー連盟に移動した為です。これによって、オーストラリアのクラブチームは勿論の事、ニュージーランドのプロチームもオセアニアチャンピオンズリーグに出場出来なくなり(オーストラリアサッカー協会の管轄化であるAリーグに参加していた為)、多くのチームがつい最近創設されたばかりという状況になっています。将来的には、アジアサッカー連盟との合併や吸収も噂されています

さて試合の方はというと、開始早々にセパハンの速攻が決まって一気に2点リードされる事態に・・・
しかし段々とセパハンのスピードに慣れてきたのか中盤を押さえ、セパハンが前線にボールを放り込んでくる展開が何度か続きます
その後、一番危なげだったのは、ワイタケレのGKのミスによって生まれたフリーキック。GKってのは、サッカーで唯一手でボールに触れる事が許されるポジションですが、味方のバックパスに対しては手を使ってはいけないルールがあるのです。ゴール前の乱戦状態で思わず手を使ってしまったのか、セパハンにフリーキックを与える事になってしまいました
しかしそのフリーキックを壁で阻み、0-2のまま前半は終了

後半、またもやセパハンの速攻により、ついに3点目が;-;
しかしワイタケレも諦めません。ソロモン諸島代表選手でもあるトトリが凄まじい突破能力を見せてゴールを狙います。ああいう風にディフェンスを突破出来る選手が日本にも欲しいくらいです
後半も半分をすぎた頃、ワイタケレが果敢に攻め続け、セパハンは防戦一方に。
そしてついに、ついに!ワイタケレに1点目が入ります。セットプレーから、背番号5ダニー・ヘイが強烈なプレッシャーをかけてボールを押し込みました。公式にはセパハンのオウンゴールという形になりますが、あれはまさしくダニー・ヘイが生んだゴールです
その後もワイタケレが攻め続け、一気に点差が縮まるかと思ったのですが、結局追加点は取れず、1-3で敗れる事になりました
でもワイタケレは良いプレーしてました。途中からは国立競技場の日本人サポーターも多くがワイタケレを応援していたようです。セパハンが時間稼ごうとするとブーイングが凄かったです

まぁこれで浦和レッズの対戦相手がセパハンとなり、ACL決勝でのリベンジ対決という事になります。浦和は攻撃の核を担うポンテが全治6ヶ月の怪我で戦線離脱していますが、ぜひ頑張って欲しいです
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

はじめてのなみだぎゃんぶる

それは月曜の事でした
前日に蜃気楼で拾った涙を処分しようと思い、楽市で値段を見ていたのです
その時には、8300貫くらいで何個もの涙が売れ残ってる状態。これじゃあすぐには売れないなと思い、何気なく余り石を見てみました
すると器用11余りが1980貫で売っていました
どうせ涙は拾ったものだし、約2000なら失敗してもすぐ取り戻せるかなと考えて、余り石を購入して涙ギャンブルというものに初挑戦してみたのです

魅力装備をひっぱりだして、巫女に涙と余り石を渡します
付与石取り付け時のロス有り時代に作った装備でしたが、57になった巫女が装備すると魅力は501に。ドキドキしながらも、涙を埋め込んだ結果
奇蹟

見事成功し、11→27へ

現在38000貫で楽市に出品中。これが売れたら、巫女の装備新調が一気に進みます
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

金策&育成中

はい、皆さんこんにちは
早々と更新が滞り気味になって参りました。紅麗です
まぁ何をしているのかと言いますと、巫女の装備新調の為の金策と陰陽の育成です


前回の更新の後、私設メンバーと共に巫女で海2の水神王に行きました
結果、勝ちはしたのです。ですが、うちの巫女の旧式なままの装備では子守が全然入らなかったりで、それが氷結>水神とチャレンジした時の敗因の一つでもありました
じゃあ何で今回は勝ったんだという事ですが、まぁ装備を借りて戦いました・・・・・・
そんな事にならない為にも、巫女の装備を今風に新調しようと思い立ちました
熟練稼ぎもかねて、鍛冶で鉄→玉鋼→太刀と作り続け、楽市に並べる日が続きます(現在進行中)
あと、掲示板とかで専ら公式RMT便利と言われるモバイルも12月1日から始めました
しかし今や信長は物価上昇の真っ最中。付与石取り付け時のロスが無くなったとは言え、これじゃあ逆に装備作りにくくなったんじゃないでしょうか?
まぁ愚痴を言っても仕方無いので、お金を貯める日々はまだまだ続きます


そしてもう一つ、陰陽の育成です。特化は召喚予定
陰陽

何で陰陽の育成を始めたのかと言うと、朝倉に移籍させて合戦参加しようかなと思ったからです。1キャラだけ移すとなると、召喚陰陽が一番色々出来るかなぁと・・・
先週の金曜あたりからでしょうか。陰陽の断片を集める為に2アカで各地のダンジョンに向かっておりました。そうこうするうちに、私設メンバーの新キャラ育成とも被って断片&経験をどんどん進めております
Lv23で放置していた陰陽ですが、現在は35にまで成長し、楮と雁断片の目録も入手してます。修得は進んでませんけどねw
三椏が揃い次第、朝倉に移籍させたいと思います


どーでもいいですが、おまけを一つ
金山に断片を取りに行く最中、ふと気になった光景
業者さん

まぁこの薬師7人徒党は99%、業者と呼ばれている方々なのでしょう
気になったのは、何で里利用してないのかなぁという事です
破天の章と同時に実装された隠れ里という初心者フィールドによって、低レベルの育成が非常に楽になりました。雲泥の差です
確か隠れ里は破天の章にアップグレードしてなくても利用出来ると記憶しているのですが、何でわざわざ里を出たのかなと、本当にそれだけですw
くだらない事ですみません

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。