べにうららの信オン生活

信長の野望オンラインのプレイ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最近

脱走米兵が容疑者となったタクシー運転手殺害事件の影響か、思いやり予算とかについても話されるようになりましたよね、最近

そりゃあ、こういった事件が起こったのは良くない事ですし、再発防止の為にきちんと考えないといけません。でも、それと思いやり予算を繋げて考えるのも良くない事だと思うのですよ
「何で米軍の為に日本の税金を出さなきゃいけないんだ」と言う人もいますが、その米軍が何の為に駐留しているのかという事を忘れてませんかと問うてみたい

はっきり言って、今の日本の国防体制は在日米軍ひいてはアメリカの軍事力が味方である事が前提になっています。中国の軍拡が進む昨今、日本独力でやろうとすれば今の自衛隊の戦力じゃ話になりませんよ。人的にも物的にも今の数倍に拡大させ、当然ながら予算もそれに見合う分がいる。予備役確保の為に徴兵制も必要かもしれません。あるいは、核武装という選択肢も真面目に考えなければならないでしょう。こうしている今だって、中国のミサイルのいくらかは日本に照準が向いているのですから

民主党の小沢さんなんかは「対等な日米同盟」なるものを主張しています。しかしこの人、対等って言葉の意味を本当に分かってるんでしょうか?それを支持する人も、分かってるんでしょうか?
日本に何かあった時にアメリカ(米軍)が助けられるように、アメリカに何かあった時に日本(自衛隊)が助けられるようでなければ、対等という言葉は当てはまらないのですよ?
それを可能にする為には、「戦闘を主目的とした自衛隊の海外派遣」という彼らが条件反射の様に反対し、現在の憲法にも違反する恒久法が必要になります。また現実に実行する能力を備える為には、↑同様に自衛隊の増強が必要になるでしょう

確かに、アメリカにだって利益はあります。今や日本は、西太平洋からインド洋一帯で行動する米軍の重要な根拠地の一つです。大西洋の対岸にあたるイギリス(+NATO)と並び、太平洋の対岸にあたる日本との同盟があればこそ、アメリカ本土は敵軍の侵攻等の直接的な脅威から守られています
しかしそれ以上に、日本がアメリカから与えられている軍事的パワーバランスの方が遥かに重いです。同じ効果を日本だけで達成しようとすれば、現在の思いやり予算の何倍何十倍ものお金が必要になります。それを考えれば、関連施設で働く日本人の給料やら光熱水費やらを払う程度で済むのなら、こういった言い方も何ですが「オトク」でさえあると思います


とまぁ、なんか持論を展開してみました
しかしあれです。最近このブログ、妙に政治色が入ってますね
まぁ今年ようやく二十歳になり選挙に行けるようになった若者が、ハイになってるんだと思って流して下さい

よし!こっから流れ変えますよ!

最近…の続きを読む
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。