べにうららの信オン生活

信長の野望オンラインのプレイ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サ-セン

うん、そろそろ政治色部分うざくなってきたよね。自分でもそう思う
でも、この問題だけは言わずにはおけないんだ
何かというと、この前から始まった後期高齢者医療制度についての事
野党やお年寄りは廃止しろ廃止しろって言ってます
確かに、制度を運用するに際して落ち度がいくつかあったと思います。ですが、制度そのものは絶対に必要だと思います
自分は今二十歳です。まだ学生なんで大丈夫ですけど、卒業して就職したら税金やら各種保険料やらを支払う事になります。そういう立場だから、こんな風に考えてしまうのかもしれません。自分の年齢が違ったら、違う考えを持ってたかもしれません。それでも言います

日本の年金制度は、現役世代がお年寄りを支えるという構図で今までやってきました。今までは、これでも大丈夫でした(と言っても問題点はあったんですが、言いたい事から外れるのでちょっとスルー)。でも、少子高齢化が進む昨今ではそうはいきません
少なくなった現役世代で、多くなったお年寄りを支えていく事になります。従来の制度のままでは、現役世代の負担がどんどん増えていってしまいます
収入に当たる現役世代が減り、支出に当たるお年寄りが増えていくのですから、他の様々な税金についても同じです
現役世代の負担が増えて生活が苦しくなれば、家庭や子供を持つといった事を考えている余裕も無くなるでしょう。そうなったら、少子高齢化がますます進みます。その子供達が大人になる頃にはまた負担が増え、また少子高齢化が進む。まさに悪循環そのものです
それを断ち切る為には、どこかで制度を変えなければいけません。社会全体で負担を共有していかないと、日本の社会は完全に崩壊してしまいます

野党の議員だって仮にも政治家なんですから、これくらいの事はわかるはずです。それなのに廃止しろ廃止しろと言うのは、世論に乗っかって選挙の為に人気稼ぎをしているようにしか見えません。本当に日本の事を考えているのなら、与野党が一致団結して制度を運用していくべきだと思います
「このブログうぜぇw」とか思ってる人もいるかもしれませんが、この問題についてだけは本当に真剣に考えて頂ければと思います。以上
スポンサーサイト
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。