べにうららの信オン生活

信長の野望オンラインのプレイ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

決勝進出

男女共にサッカー各試合見てました

男子は、残念ながら予選リーグ敗退となってしまいました。こう言っちゃ何ですが、男子の方はやっぱり・・・という気がしてしまいます。同じメンバーで長期間調整出来たからオーバーエージ枠いなくても大丈夫ってな事を監督が言ってましたが、最初は活用しようとしてましたし、他の国が積極的にOA枠使ってる中でただの強がりだったんじゃないかと思います。自分が今回の男子サッカー優勝候補だと思ってるのは南米の二強ブラジルとアルゼンチンです
特にブラジルは力を入れてます。ブラジルはワールドカップ全18大会連続出場という世界で唯一の記録を持ち、優勝回数も最多という世界最強の一角です。ですが、オリンピックではこれまで意外にも金を取れず、今回は悲願の大会というわけです。OA枠を活用して、ロナウジーニョを入れてきました
アルゼンチンも、OA枠無しですら異常なほど厚い選手層がありますが、そこにさらにリケルメという強力な司令塔をOA枠で入れました
経験ってのは、若い体力だけじゃ補えない部分を埋めてくれます。U23という若いチームの支えになるのがOA枠の選手です。確かにJリーグだって大事ですよ。世界トップレベルの国っていうのは、国内リーグも盛んな国ばかりですからね。Jリーグのレベルが上がれば同時に日本代表のレベルも上がって来ると思います。U23が基本なんだから「若い選手に経験を」とも言います。でも、今の日本サッカーには貪欲に結果(勝利)を求める姿勢の方が必要な気もするのです


続いては女子サッカー
女子のFIFAランキング1位アメリカとの試合では、何度もチャンスを作っていたんですがゴールには繋がらず、1-0で負けてしまいました。後が無くなった今日のノルウェー戦、さっきまで見てました
結果は、これまで無失点で連勝してきたノルウェーに5-1という大差で勝利!
これにはびっくりです。点取る度に歓声上げながら見てたんですが、あまりにもでかい声出したらびっくりしたうちの犬に吠えられてしまいました
先にノルウェーが先制しましたが、そのすぐあとに近賀がボレーシュートを決めて同点。1-1のまま後半に突入
後半では、開始早々ノルウェーにボール取られてかなり危なかったですが、何とか乗り切って反撃開始
後半6分頃、相手ゴールに攻め込み、クリアしようとしたノルウェー選手が安藤に詰められた事で慌てたのかミスをしてオウンゴール
さらにそのすぐ後に、大野がドリブルで突破して強烈なシュート。足を出して防ごうとしたノルウェーでしたが、逆にそれが仇になりました。足に当たって軌道が変わったボールが前に出ていたキーパーの頭を越えてクロスバーにぶつかり、そのままゴール内側へ入り3-1と点差をつけました
次の4点目。ゴール前で乱戦になりながらも諦めずに何度もゴールを狙い、守備が滅茶苦茶になったところで、沢が決めてくれました。沢は日本女子サッカーでトップレベルの人です。今は休止しちゃってますが、アメリカにある女子サッカーのプロリーグに所属していた事もある選手。ニュージーランド戦でも終了間近に同点ゴールを決めてくれました。ここぞという時に活躍する、なでしこジャパンの大黒柱ですね
そして怒涛の5点目。大野がまたドリブルで抜け、少し前に交代で入った原にパス。原がそのままドリブルを続けて、文句なしのゴールを決めました

さて、5得点という事で活躍した選手は大勢いますが、自分の中じゃ今日一番の活躍は近賀ですね。先制されてすぐ同点に追いついてなかったら、ここまで勢いには乗れなかったんじゃないかと思います。それに後半の20何分かくらい、日本ゴール前でノルウェーの選手にボールが渡ってシュート撃たれたんですが、近賀がヘッドで防ぎました。キーパーの位置からしてヘッドが無かったら1点取られてたっぽいので、攻守両面で大活躍でした

ノルウェーに勝った事で、日本は予選リーグ3位で決勝に進出できました。3位なのに決勝?と思うかもしれませんが、他の組の3位との勝ち点差で決勝進出が出来るのです
決勝での初戦は、E組1位の中国になります。この勢いで中国戦に勝てば、4強入りとなります。頑張れなでしこジャパン!といったところです
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。