べにうららの信オン生活

信長の野望オンラインのプレイ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

行ってきます

明日からお出かけです。なんか関東地方は天気悪そうだけど、まぁ今さら予定なんか変えられないし行ってきます
せいぜい疲れて帰ってきます


以下は、なんかさっき見かけた光景について


50周年を迎える平和行進?とやらの人達がついさっき道路を歩いてました
「広島・長崎を繰り返すな」
「自衛隊を海外から呼び戻せ」
「憲法9条を守ろう」

自分はああいった人達をまったく信用出来ません。中国の軍拡とか、ロシア・韓国が日本の領土を占拠してる所とかはノータッチな方々が大半なのが理由です
『戦争はよいものではない』
これには同意します。でも、実際に戦争が無くなるかどうかは別です。正直言って、戦争が無くなる事なんて絶対にあり得ないと思っています。権力者の欲や、民族間の違い、あるいは経済的利益。そういった理由から戦争は起きますが、その理由が無くなる事は絶対に無いでしょう
また、戦争は人類の技術進歩に大きな役割を果たしてきた側面もあります。戦車、潜水艦、戦闘機といった兵器は第一次世界大戦の中で産み落とされましたが、同時に技術の進歩を促しもしました。
第二次世界大戦では、広島・長崎に原子爆弾が投下されました。純粋に技術面だけで見れば、それは人類が核エネルギーを手に入れたという事です。意外と知られてませんが、今では当たり前のジェット機も第二次世界大戦中にドイツが開発したものです。戦後に連合国がドイツから機体を持ち帰って研究し、世界中で使われるようになっていったのです

自衛隊を海外に出すな、憲法改悪反対と叫ぶ人が大勢いますが、現実を見て下さいとしか言いようがありませんね
自衛隊は、予算規模で言えば世界有数の軍隊です。自衛隊は軍隊ではない、と本気で考えてる人は今や少ないと思います。しかし憲法には、戦力の不保持という項目があります。兼ね合いをつけるために、かつての政府は色々と言い訳を考えてきました
日本から戦争を仕掛けないという部分を残しつつ、自衛隊の存在を憲法ではっきりと認めればいいじゃないですか。ちょっと前、安部首相が思いっきり叩かれました。でも、憲法改正が認められているのに、憲法改正及び国民投票に関する具体的なものが決まってなかった事が異常なんですよ。安部さんは異常な状態を改善しただけです。あの叩きっぷりは、安部さんが首相だとマスコミにとって本当に不都合なんだなぁと思い知らされました
海外に自衛隊を出すなという意見もそう。他の国が現場で汗水流してる中で、日本だけが人を出さない
自分は行きたくないから、危険がある所には他の人が行って下さい。こう言ってるのと同じですよ。実際に周囲でそんな人がいたら、多くの人は最低の奴だと思うでしょう。自衛隊を海外に出すなっていうのは、日本に最低の国になれと言っているのと同義だと、自分は思います

あと、核兵器廃絶運動をしている人達がいますが、現実的に考えれば成功しないでしょうね。廃絶する時が来るとすれば、核兵器以上の威力を持つものが開発された時です。一度手にした力を手放すなんて、あり得ない事なんですよ
これはまぁ、北朝鮮にも言えますね。北の将軍様は周辺国から対価を引き出しつつも、結局核兵器を手放すつもりはないでしょう。話し合いで解決できればいいですが、できない事だって世の中にはあります。北朝鮮の事例はまさにそれ。自分は、周辺国が国境を完全封鎖してあらゆる物資をせき止めた方が良いとも思います。人道物資が云々と言っても、北朝鮮じゃ軍がほぼ全て懐に収めてますよ。実際には民衆になんてほとんど行き渡ってない。全て封鎖して、軍までもが餓えれば北の独裁体制も崩壊するでしょう。そうやって、民衆にきちんと渡せるようになってから人道物資を送ればいいんじゃないでしょうか
スポンサーサイト
雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<戻りました | HOME | 夏休み>>

この記事のコメント

 うららさんも相変わらず思想が右よりですね、それはともかく、戦争が無くならないってのは同意、、ああいう方々がどういう方法をもって無くそうとしてるかなんて聞くに堪えない理想論ばっかですしね、あと個人的には領土問題は一戦交えても解決すべき問題だと思ってみたり、とりあえず、頑張って疲れてきてください、長文失礼しますた。
2008-07-21 Mon 01:30 | URL | 大善寺 #-[ 編集]
>>つぐみん
コメント返すのがだいぶおそk(ry
まぁ普通に疲れてきました


考えが少し右に寄ってるのは自覚してますけどね
でも自分に言わせれば、日本のマスゴミが左に寄り過ぎてるだけだと思うんだ。朝日とか毎日に言わせれば産経が右翼になるだろうけど、世界的に見れば産経なんてせいぜい中道なんですよね
2008-08-05 Tue 17:35 | URL | 紅麗 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。